くりむぞの本棚 -Wiki-

 このサイトは、2012年以降、更新をほぼ休止しております。このページ(Wikiのトップページ)と、同人活動についてのページのみ、更新を継続しております。

作家さんのサイトから来られた方へ

 お目当ての作家さんのページは、「作家名リスト」からお探しください。 →作家名リスト

このページのもくじ

お知らせ

ゼロの者トリビュート同人誌・冬コミで発行予定(2016/11/20)

 ゼロの者トリビュート同人誌は、12月末の冬コミで発行予定です。サークル・くりむぞの本棚としては、仕事の事情により今回申し込んでおりませんが、委託させていただけるサークルさんをいくつかお願いしております(後ほどお知らせいたします)。

 なお、特設サイトのほうで、寄稿してくださった方々のお名前を発表しております。皆さん、快く引き受けてくださって、とても感謝しております。なお、締め切りまでは、もうちょっとだけ時間がありますので、よろしければ今からでもご参加ください。12月のはじめまでなら大丈夫です。どうぞよろしくお願いいたします。

 特設サイト:http://zero20thanniv.jimdo.com/

ゼロの者トリビュート同人誌・発行延期(2016/08/18)

 ゼロの者先生の商業誌デビュー20周年をお祝いするトリビュート同人誌を、夏コミで発行する予定でしたが、主宰(当サイト管理人)の個人的な事情により延期することにいたしました。大変申し訳ありません。冬コミで発行したいと考えています。

 つきましては、執筆していただける方を追加募集いたします。締め切りの目安は10月末です。募集要項は特設サイトに記載してありますので、そちらをご覧ください。 →http://zero20thanniv.jimdo.com/

同人誌の自家通販をやっています(2016/08/18)

 同人誌の自家通販をやっています。2016年7月22日に注文用のメールフォームを設置いたしました(別ドメイン)。くわしくは同人活動ページをご覧ください。→同人活動

5/3 資料性博覧会に委託参加します(2016/05/01)

 今年も、5月3日に、東京・中野で開催される同人誌即売会「資料性博覧会」に委託参加いたします(管理人は現地に行きません)。委託する同人誌は以下の3冊です。

  • 【新刊】A Discography of 吉田達也 1983-1989(1980年代編) ※コピー誌。200円。

 岩手県出身のミュージシャン・吉田達也氏のディスコグラフィー本です。1980年代のものをまとめてみました。管理人運営のデータベースサイトに掲載した情報を元に、まとめ直して加筆したものです。

 当サイトとはジャンル違いとなりますが、よろしければお手にとっていただければと思います。詳細やサンプルは、データベースサイトのほうに掲載してあります。

 いずれも、資料性博覧会では初売りとなります。10年前、9年前の本ですが、今年もゼロの者トリビュート同人誌を発行するので、いい機会かなと思い、頒布させていただくことにしました。くわしくは、それぞれの書名をクリックして、リンク先でご確認ください。

 なお、残念ながら、発行を目指していた『エロ魂/トウテツ ファンブック(仮称)』は制作が中断しております。もしかすると夏コミに間に合うかもしれませんが、ゼロの者トリビュート同人誌を優先するため、完成するかはわかりません。気長にお待ちいただければと思います。

あけましておめでとうございます(同人情報)(2016/01/09)

 今年もよろしくお願いいたします。

 昨年の同人活動は、コミケには参加せず(委託もなし)、資料性博覧会への委託参加だけでした。一応、新刊も出せましたし、書店委託もお願いすることができました(→とらのあな)。

 今年も、資料性博覧会への参加が決定しました。新刊として、『美少女的快活力ファンブック』、『純愛果実ファンブック』の続編となる『エロ魂/トウテツ ファンブック(仮称)』の発行を目指して、少しずつ作業を進めているところです。

 また、ジャンル違いとなりますが、ミュージシャン・吉田達也氏が1980年代に参加したバンドの情報をまとめた同人誌も制作したいと思っています。(参考:管理人運営のデータベースサイト

 そして、今年はゼロの者先生の商業誌デビュー20周年の年となります。10周年の時には、お祝いするための同人誌を制作したのですが、今回はどうしようか非常に迷っています。ただ、なかなか巡ってこないチャンスではありますので、制作する方向で努力いたします。発行は、できれば夏コミ、それが無理でしたら冬コミをと考えております。

 参加者集めから始めなければならないので、ぜひ皆さんのご協力をお願いいたします。漫画・イラストのほか、作品レビューや、小説などという方法もありますので、プロ・アマ問わず、多くの方のご参加をお待ちしております。

 詳しい条件等は、参加者の皆さんとも相談して決めたいと思いますので、参加をお考えの方はもちろん、内容についてのご希望などがありましたら、お気軽にご連絡ください。メール:kurimuzo@picnic.to

同人誌のお知らせ(2015/11/09)

 しばらく更新が滞っていました。申し訳ありません。

 だいぶ前になってしまいますが、5月3日に開催された同人誌即売会“資料性博覧会”に委託参加しました。そこで、新刊の『純愛果実ファンブック[第2版]』と、既刊の『美少女的快活力ファンブック[第2版]』を頒布しました。

 新刊の『純愛果実ファンブック[第2版]』は、8月末からとらのあなさんに委託しております。よろしければどうぞ。 https://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/34/01/040030340198.html

 なお、現在のところ冬コミには不参加の予定です(夏コミにも不参加でした)。次回の夏コミも、サークル申し込みはしないつもりです。

 ただ、ゴールデンウィークに開催予定の“資料性博覧会”には、次回も委託参加しようと思っています。新刊のネタもあるのですが、作業時間が足りないかも…。

今年の同人活動など(2015/01/01)

 明けましておめでとうございます。昨年は2年ぶりの同人誌発行、4年ぶりのコミケへのサークル参加と、いくつか形として見える活動ができた年でした。

 今年は、コミケへのサークル参加が難しいと思われるのですが、ゴールデンウィークに東京・中野で開催予定の同人誌即売会“資料性博覧会”には、今回も委託で参加するつもりです(※申し込み受付期間前)。昨年の夏コミで発行した『純愛果実ファンブック』に加筆修正して「第2版」として発行したいと考えています。その後、コミケなどでも、委託を受けてくださるサークルさんがいらっしゃれば、お願いするかもしれません。

 なお、このサイトの復旧ですが、その後、全く作業ができていません。申し訳ありませんが、気長にお待ち頂けますよう、お願いいたします。

 また、お知らせするのをすっかり忘れていましたが、昨年の8月の一水社さんから創刊されたエロ漫画雑誌『Comicトウテツ』の制作に協力させていただいています。12月27日には最新号となるVol.3が発売されています。どうぞよろしくお願いします。 →Amazon.co.jpDMM

【重要】10/14〜15にかけてのサーバ障害について(2014/10/15)

 2014年10月14日〜15日にかけて、このサイトのデータが置いてあるサーバのHDDが故障したため、急遽交換作業を行ったそうです。残念ながら、データはすべて消失してしまいましたので、手元のバックアップファイルを再アップロードいたしました。

 それに伴い、Wikiの個別ページの更新日時が再アップロード時のものになってしまいました(復旧は困難なので、このままにしておきます)。そのほかにも、何かおかしいところがあるかもしれません。もし不具合がありましたらお知らせください。よろしくお願いいたします。

 また、Wikiとhtmlのページについては、ほぼ復旧が終了しましたが、ゼロの者先生ファンページのコンテンツや、そのほかカウンタ等に用いているCGIやSSIの再設定はまだ済んでいません。こちらについても順次復旧させていくつもりですので、しばらくお待ちください。

 なお、9月14日〜15日にかけてメールやメールフォームでご連絡をくださった方がいらっしゃいましたら、こちらでの受け取りができていない可能性があります。申し訳ありませんが、再度ご連絡くださいますよう、お願いいたします。

コミックマーケット86、お疲れ様でした!(2014/08/21)

 当日、当サークルのスペースに来てくださった方々、どうもありがとうございました! おかげさまで新刊は完売となりました。増刷については迷っております。多少加筆をしてから増刷をしたい気持ちもあるのですが、わざわざ買ってくださった方々に申し訳ないですし、加筆を始めるとキリが無いので……。もし欲しいという方がいらっしゃいましたら、ご意見をいただけますと幸いです。 メール:kurimuzo@picnic.to/Twitter

 今回は、何年もお目にかかっていなかった方々にご挨拶することができて、非常に嬉しかったです。今後は、またしばらくコミケ等の同人誌即売会に直参でサークル参加することはできないと思います。ただ、年1回ゴールデンウィークに開催されている資料性博覧会には、委託参加を続けようと思っていますので、そちらのほうでよろしくお願いいたします。

 なお、既刊につきましてはまだ残っていますので、希望される方には通販をいたします。『ゼロの本』シリーズ全3巻と、『美少女的快活力ファンブック[第2版]』のほか、『純愛果実ファンブック[プレビュー版]』と、『美少女的快活力ファンブックβ3(暫定版)』がちょっとずつ残ってますので、お試しでどうぞ。くわしくは同人活動のページをご覧ください。 →同人活動

コミックマーケット86へ参加します!(2014/08/15)

 サークル・くりむぞの本棚は、2014年8月に開催されるコミックマーケット86に参加します。スペースは、3日目(8/17・日曜日)東地区 "O" ブロック 59b です。今回、ジャンルは「評論・情報」で申し込みました。4年ぶりのサークル参加となります。

 新刊は『純愛果実ファンブック』。光彩書房から発行されていたエロ漫画雑誌『純愛果実』のデータ本です。5月の資料性博覧会で頒布した『純愛果実ファンブック[プレビュー版]』に加筆修正を加えたものになります。全64p。値段は500円です。

 表紙はゼロの者先生が純愛果実の表紙として描かれたイラストを使わせていただいたのですが、時間がなくて残念な出来に…。申し訳ありません。内容のほうは、判型・装幀の変化や、雑誌ロゴを含む表紙のデザイン変更などを元に、発行時期を8つに分けて変遷を追っています(掲載作家のリストも時期ごとにまとめています)。前身2誌(『BE-NEW』『東京H』)や、増刊4誌(『美少女的快活力』『COMICオレカノ!』『美少女革命 極』『美少女革命 極 Road』)のデータもあり。

 このほか、行方ふみあき先生の個人誌『えっちなユウキ先輩は好きですか? 〜おねショタ編〜』も委託で置かせていただきます。全32pで300円。6/29に開催されたショタスクラッチ23で、新刊として頒布されたものです。ガンダムビルドファイターズの……BL本になるのかな? 基本的には女性向けですが、男性もイケるという人は多いはず! とらのあなさんに委託されているので、くわしくはそちらをご覧ください。サンプルもあります! →http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/21/26/040030212618.html

 なお、当サークルの既刊も、オフセット印刷のものは持っていきたいと思っています(ゼロの本1〜3巻と美少女的快活力ファンブックの計4種)。頒布物の一覧は同人活動のページをご覧ください。 →同人活動

美少女革命 極 Road』Vol.14に寄稿しました(2014/06/21)

 6月21日発売の『美少女革命 極 Road』Vol.14に掲載の特集「シス☆ブラっ Returns!! II」(全4p)の制作に協力しております(ノンクレジット)。

 『純愛果実』2013年11月号掲載の特集「シス☆ブラっ Returns!!」と同じく、ゼロの者先生の作品『シス☆ブラっ』についての特集で、ナナ先生のフィギュアや単行本全2巻の情報をはじめ、作品情報、あらすじ、キャラクター紹介などが掲載されています。ぼくは構成や本文の執筆などを担当しました。

 この号には、ナナ先生が完成品フィギュアとして市販されることにあわせて、描き下ろしの新作漫画「シス☆ブラっR ナナ編」(全4p)が掲載されていますが、それと連動した特集になります。

 ネット販売→Amazon.co.jpDMM

 Amazon.co.jpではフィギュアも扱っています! →小田八重小田八重 スクミズ日焼けver.ナナ先生(本城七美)

 なお、『美少女革命 極 Road』はこの号で休刊となります。代わりとなる雑誌は8月創刊予定だそうですので、引き続きそちらも応援していただければと思います。

同人誌即売会への参加について(2014/05/02)

 5月3日に東京・中野で開催される資料性博覧会07に委託で参加します(ぼく自身は不参加です)。新刊の『純愛果実ファンブック[プレビュー版]』(コピー誌/全28p/200円)と、既刊の『美少女的快活力ファンブック[第2版]』(全190p/1000円)を委託します。昨年に引き続いての参加です。どうぞよろしくお願いします。 http://www.mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/

 また、8月に開催されるコミックマーケット86にもサークル参加の申し込みを済ませています。当落が判明しましたら、改めてお知らせします。 http://www.comiket.co.jp


コミックマーケット85への参加について(2013/12/13)

 2013年末に開催されるコミックマーケット85には、サークル・くりむぞの本棚は参加しません。委託も現在のところ予定しておりません。また、くりむぞ本人も不参加の予定です。

 ただ、次回のコミックマーケット86には、サークル申し込みを考えております。そして、それに伴い新刊を制作予定です。今度は『純愛果実』についてのデータ本を作ろうと思います(すでに作業は開始しています)。もし、ファンアートやコラムなどで寄稿してくださる方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。

 なお、可能であれば、ゴールデンウィークに開催予定のイベント(資料性博覧会07など)への委託参加も考えております。

美少女革命 極 Road』Vol.10に「マンガ論争 出張版」掲載(永山薫氏寄稿)(2013/12/13)

 10月22日発売の『美少女革命 極 Road』Vol.10に、永山薫氏が中心となり発行されているミニコミ誌『マンガ論争』の出張版が掲載されています(全3p)。成年誌の摘発、児ポ法改正、TPPなど、最近の情勢がコンパクトにまとめられています。また、あなたがどのような行動をとればよいのかの指針も示されていますので、ぜひご一読を!

 店頭からは無くなっているかもしれませんが、ネット書店での購入や、一般書店での取り寄せ、出版社の通信販売などは今でも可能なはずですので、よろしければどうぞ。ネット書店の例を挙げておきます(アフィリエイトです)。→Amazon.co.jpDMM

 マンガ論争公式サイト: http://manronweb.com/mangawars/

 ※くりむぞは、『美少女革命 極 Road』の制作に協力させていただいています(「くりむぞの本棚」名義)。

純愛果実』2013年11月号に寄稿しました(2013/12/13)

 9月22日発売の『純愛果実』11月号に掲載のミニ特集「シス☆ブラっ Returns!!」(全2p)の制作に協力しております(「くりむぞの本棚」名義)。

 ゼロの者先生の作品『シス☆ブラっ』についての特集で、ヒロイン八重のフィギュアや単行本全2巻の情報をはじめ、作品情報、あらすじ、キャラクター紹介などが掲載されています。ぼくは構成や本文の執筆などを担当しました(『純愛果実』誌には初寄稿となります)。

 この11月号には、八重が完成品フィギュアとして市販されることにあわせて、描き下ろしの新作漫画「シス☆ブラっ R」(全20p)が掲載されていますが、それと連動した特集になります。

 すでに次号が出てしまっていますが、ネット書店での購入や、一般書店での取り寄せ、出版社の通信販売などは今でも可能なはずですので、よろしければどうぞ。ネット書店の例を挙げておきます(アフィリエイトです)。→Amazon.co.jpDMM

 Amazon.co.jpではフィギュアも扱っています。ナナ先生のフィギュアも来年6月に発売予定です! →小田八重ナナ先生(本城七美)小田八重 スクミズ日焼けver.

PIえろ先生・単行本発表のお知らせ(2013/12/13)

 当サークルが発行したゼロの者トリビュート同人誌『ゼロの本』シリーズや、『美少女的快活力ファンブック』に寄稿してくださったPIえろ先生(旧ペンネームはダイヤモンド翔)。『ゼロの本』シリーズ寄稿後の2010年にプロデビューされていたのですが、今年になって単行本を発表されました!

 6月にはエンジェル出版から『愛 LOVE 乳(I LOVE NYU)』を、そして11月にはキルタイムコミュニケーションから『乳欲(ちちよく)』と、なんと2冊も刊行されています! よろしければ、チェックしてみてください。ヒロインが爆乳・超乳ばかりなので、そういうのが好きな人には特にオススメです!

 PIえろ先生のブログ: http://killfuckdie.blog109.fc2.com/

美少女的快活力ファンブック[第2版]』発行のお知らせ(2012/07/26)

表紙画像

 長らくお待たせをしていましたが、やっと発行することができました! 頒布方法や内容などはこちらのページでご確認ください。→美少女的快活力ファンブック[第2版]

2011年以前のお知らせ

【重要】9/14未明のサーバ障害について(2011/09/14)

 2011年9月14日未明に、このサイトのデータが置いてあるサーバのHDDが故障したため、急遽交換作業を行ったそうです。それに伴い、一部のデータが移行できていない可能性があるとのこと。いくつかのページを確認したところ、不都合などは見つかりませんでしたが、もしおかしいところがありましたらお知らせください。よろしくお願いいたします。

2011年東北地方太平洋沖地震、管理人くりむぞ は無事です(2011/03/31)

 管理人のくりむぞです。壊れた物などもありますが、おかげさまで、家族ともども怪我もなく無事に過ごしております。自宅も何とか持ちこたえました。

 まだ細かい不便さはあるにせよ、ライフラインはほぼ復旧しております。食料や、ガソリン・灯油も、何とか切らさずにすみました。

 ネット環境も3月23日に仮復旧しまして、連絡を取ったり、情報を集めたりしておりました。こちらでのご報告が遅れまして申し訳ありません。

 また、被災のお見舞いとして、わざわざお金や物資をカンパしてくださった方もいらっしゃいまして、非常に助かっております。どうもありがとうございます。

 ただ、サイトのリニューアル(定期更新再開)に関していえば、さらに厳しい状況になってしまいました。サイトや同人誌の作業(情報収集など)は継続していますが、今後については不透明です。よろしければカンパにご協力いただければと思います。カンパしてもよいという方はメールでご連絡ください。どうぞよろしくお願いいたします。


【重要】定期更新終了のお知らせ(2011/01/01)

 当サイト「くりむぞの本棚」は、定期的な更新を終了させていただきます。今後は気が向いたときに更新することになると思います。

 PukiWikiでの更新に限界を感じていたことに加え、今後の方向性について特にご要望がなかったため、無理に続ける必要はないと思ったことがその理由です。かなり長い期間、発売直後の更新ができていなかったので、ここで区切りを付けたいと思います。

 これまで、本当にありがとうございました。もしよろしければ、たまに覗いていただけると幸いです。

 なお、Twitterでは毎日のようにつぶやいていますので、気になる方はチェックしてみてください。ちなみに、ログのまとめにはこちらのサービスを利用しています(ブログ風に表示されます)。→http://twilog.org/kurimuzo

(2011年1月1日記)

一水社・光彩書房の動向について(2010/09/07)

 一水社さんと光彩書房さんが、他企業のグループ会社になるようです。ただし、何かが変わるということはないとのこと。編集部の体制に変更はありませんし、単行本や雑誌、アンソロジーなども、これまで通りに一水社・光彩書房から発行されるようです。急なことでびっくりしましたが、安心しました。

(以下、2010年10月25日追記)

 一水社・光彩書房さんが、社屋を移転したそうです。2010年10月25日(月)からの新しい住所・電話・FAX番号を掲載します。*1

株式会社 一水社
〒162-0805 東京都新宿区矢来町113 神楽坂升本ビル3F
Tel. 03-6280-8660(代表) Fax. 03-6280-8661

有限会社 光彩書房
〒162-0805 東京都新宿区矢来町113 神楽坂升本ビル3F
Tel. 03-6280-8662(代表) Fax. 03-6280-8663

 最寄り駅は、東京メトロ東西線「神楽坂駅」。赤城神社側の改札口を出て、すぐ近くのビルの3階だそうです。
 一水社 公式サイトの「本社移転のお知らせ」告知ページは次のURIです。 →http://www.issuisya.co.jp/?cat=9



*1 10月22日(金)から翌23日(土)にかけて引っ越し作業が行われたとのこと。なお、2010年10月22日発売の『美少女革命 極』Vol.11では、すでに新しい住所・電話番号が表示されています。


はじめに(このサイトについて)

 このサイト“くりむぞの本棚”は、マンガ雑誌/アンソロジーのデータや、マンガ家の作品リストなどを公開しているサイトです。現在は、一水社・光彩書房関連のデータが主となっています。詳細は、「本当に訪問者が知りたい20の質問」への回答をご覧ください。

 また、このサイトの管理人については、同じく「本当に訪問者が知りたい20の質問」や、管理人についてのページ(→くりむぞ)をご覧ください。

 なお、サイト利用上の注意点を「くりむぞの本棚」と「免責事項」の項にまとめてありますので、かならずご覧ください。


このサイトのコンテンツ

リンクが張られていないものは未作成です。

ゼロの者先生ファンページ

 2007年3月までは、サイト内サイトとして運営していました。現在、そちらは更新停止中。 →http://picnic.to/~kurimuzo/zero/

 一部のコンテンツは、このWikiで更新しています。

特定作家の作品リスト

雑誌・アンソロジーなどの書誌データ

一水社・光彩書房(男性向/成年向)

  • 雑誌『東京H』(一水社・1998年〜2000年・全13号休刊
  • 雑誌『マンガ妖艶BODY(ヨウエンバディ)』(光彩書房・1999年・全3号休刊
  • 雑誌『BE-NEW(びにゅう)』(光彩書房・1998年・全3号休刊
  • 雑誌『COMICピアりん』(光彩書房・1997年〜1998年・全8号休刊
  • 雑誌『コミック麗(うらら)』(光彩書房・1996年〜1997年・全8号?休刊
  • アンソロジー『激しくて変』シリーズ(光彩書房/一水社・2000年〜2004年終了
    • 『激しくて変』全4巻、『暗黒抒情』全2巻、『知的色情』全3巻、『Hのある風景』全3巻、計12巻を同一のシリーズとしてまとめている。シリーズ名『激しくて変』は、当サイトで便宜的に付けたもの(一般的なものではない)。
    • html版:http://picnic.to/~kurimuzo/ic/hageshikute.html

一水社・光彩書房(女性向/一般向)

大洋図書(成年向)

大陸書房(一般向)

作家名リスト

当サイトで独立項目が作られている作家名の一覧リスト。索引になっています。ここから各作家さんの個別情報ページにとべます。 →「作家名リスト

アダルト動画、DVD通販などの総合サイト
通販



電子書籍





ギミックス・木谷椎コレクション



なかのひと


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-20 (日) 01:51:28 (20d)